2020.09.01
日常

9月1日は防災の日

代表取締役|八鍬

こんにちは、ヒロ・アーキテックの八鍬です。
弊社は天童市・山形市・東根市・村山市周辺で、高気密高断熱の省エネ・エコ住宅を建てる工務店です。

9月1日は、防災の日ですね。ご自宅の防災対策万全でしょうか?

日本は自然が豊かな分、自然災害が多い印象があります。
特に近年は毎年のように大規模災害が起こり、TVなどでも胸が痛む光景をよく目にします。
1か月前の大雨では山形県でも河川の氾濫による大きな被害がもたらされました。
そんな被害をできる限り防ぐためにも、日頃から安全な建物に住み、家具転倒への対策をしっかり施し、
被災時に使う道具や食品を備蓄しておくことが重要ですよね。


防災の基本的な対策をいくつかピックアップしてみましたので、参考にしてください。

家の安全対策をする

どこで災害に遭うか分からないとはいえ、自宅にいる時間はかなりのもの。家具の転倒防止対策はもちろん、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを手の届く場所に備えましょう。

身の守り方を考えておく

気象庁の「緊急地震速報」は、震度5以上が予測されたときに発表となります。速報が出たらまずは安全の確保を。自宅なら頭を保護して机の下に隠れる、駅や商業施設では係員の指示に従い、頭を保護して窓ガラスなどから離れる、エレベーターに乗っていたら最寄りの階で停止し外に出る、街ではブロック塀や自動販売機などから離れるなど。津波警報や注意報も同様です。すぐその場から離れ、高台に避難を。

避難生活に備える

電気やガス、水道、通信といったライフラインが止まってもしばらく自活できるように備えましょう。避難所に行く場合、車中泊する場合などそれぞれキットを作って持ち出しやすい場所に保管しましょう。

安否の確認方法を決める

災害時、家族がそれぞれ別の場所にいる場合もあります。
日頃から安否確認の方法や集合場所を家族で話し合っておきましょう。